痩せる歩き方とは?

ダイエットは食事制限や極度な運動だけではなく、
歩き方次第でダイエットの手助けをしてくれます。

 

私たちは運動はしなくても、職場や学校、通勤などで歩く機会は多いと思います。

 

この”歩く”ことが、少しの基本を学べばダイエットに繋がるのです。

 

歩くこと自体、確かにカロリーは普通に消耗します。

 

ただダラダラ歩いているだけでは、
カロリーの消耗も遅く乳酸値だけが上昇し、疲れだけが体に蓄積されてしまいます。
>>>「痩せる歩き方」と一緒に知っておきたい「食べても太らない人が飲んでいるもの」

 

まず痩せる歩き方は、姿勢を良く歩くことです。

 

姿勢を真っ直ぐ歩くことで、体の筋肉を思っている以上に使うため体が引き締まります。
頭が上に吊られているようなイメージで自然に立ってみてください。

スポンサード リンク

姿勢を真っ直ぐにして歩けたら、手を大きく前後に振ってみましょう。
そうすることで腰・腹周りの筋肉を使いながら歩くことができます。

 

 

手を振って歩くことで、勢いがつきます。
勢いがつくと、足の筋肉も大きく働くので代謝が良くなります。

 

 

体は連動しているという事をお忘れなく^^

 

 

痩せる歩き方の最大のポイントは、早く歩くということです。

 

細かくゆっくりあるくのではなく、大きく早足で歩くのがダイエットに最も効果的な歩き方です。

 

それと私個人的なことなのですが、ダイエット茶などをタンブラーや水筒に入れて飲みながら歩いています。
飲まなく茶っていうのが飲みやすくて良いですよ^^

 

 

やはり、こういうのは飲みやすいっていうのが基本ですね。
期間限定お試しがあったので買ってみましたw

 

 

話をもどしますね。

 

ウォーキングをしている人で、腰を丸めてダラダラ歩いている人はいないですよね。
姿勢良く早く歩くことで、1分で8kcalも消耗できるそうです。

 

長距離を走れないと悩んでいる方も、
早歩きのウォーキングも十分有酸素運動ですので、ぜひウォーキングはおススメです。

 

犬の散歩などもサンダルなどではなく、ウォーキングシューズを履いて行くと良いでしょう。
>>>「痩せる歩き方」と相性の良い基礎代謝UPドリンク

 

 

痩せる歩き方で歩けば、体もすぐに温まり、汗をかいてきます。
時間も徐々に増やしていければ、尚よしですね。

 

ウォーキングダイエットをぜひ成功させましょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサード リンク