食べても太らない食べ物について

食べても太らない食べ物についての記事を集めてみました。

 

自分の好みと比べてみることでわかってくる事もあるかもしれません。

食べても太らない食べ物とは?記事一覧

どうしても夜にお腹が空いて、何か食べたい時がありますよね。もしくは、ついつい口さみしくて食べてしまう。。。夜食で太らない食べ物があるなら、知りたいと思いませんか?夜食で太らない食べ物を簡単にご紹介します。いきなりですが、そもそも何かを食べることで、カロリーを摂取するので100%太らないという約束はできません。ですから、太りにくい食べ物を選びましょう。重要なのは、食べるものをキチンと選ぶ、ということ...

ダイエットの宿敵はやはりカロリーですよね。このカロリーを心配せずに、好きなものが飲めたり食べれたりしたら幸せですね。そんな夢を叶えてくれるもの”人工甘味料”というものがあります。良くジュースや炭酸飲料でカロリーゼロという言葉を耳にしませんか?そのカロリーゼロ商品を助けているのが、この人工甘味料なのです。

アイスは季節問わず、食べたくなりますよね。ご飯のデザートやお風呂の後に最高です。しかしながら、ダイエット中にカロリー高いものは大敵なのは事実。でも、好き。。。アイスは食べたら太ってしまうのでしょうか?実はアイスというものだけでは、太らないのです。厳密にいうと、カロリーとタイミングがすべてです。アイスにしても、野菜にしてもどの食べ物でもカロリーはあります。カロリーばかり気にして偏った食事になるのも問...

オリーブオイルは太らないと言われています。確かにオリーブから取るナチュラルなオイルなので、体に良さそうなイメージはあります。エクストラバージンオイルなどの基準値の高いオイルも有名なので尚更ですね。そこで、実際に本当にオリーブオイルが太らないのか簡単に調べてみました。オリーブオイルには、動脈硬化・心筋梗塞などの原因となるコレステロールを下げる「オレイン酸」という成分が含まれています。

便秘の原因には様々なものがありますが、実は「食べ過ぎ」も便秘の原因のひとつなのです。普段からたくさん食べる人がみんな便秘だということではなく、胃腸の弱い人がいつもより少し食べ過ぎただけで便秘になってしまう危険性があるということです。これはいつもより多い食事の量に消化が追いつかないために起こる便秘です。

非常に効果的な8時以降食べないダイエットですが、効果の出方には体質による違いがあるようです。8時以降食べないダイエットの効果を実感しやすい体質とはどんな体質の人なのでしょうか?効果を実感しやすい人にはいくつかの特徴がありますが、自分の力でなんとかしやすい特徴のひとつに「体内時計が整っている」ということが挙げられます。

ダイエット中、一生懸命に食事制限をしているつもりなのに結果がでないことってありますよね。体重が減らないどころか、食べてないのに太るなんていうことも時にはあります。食べてないのに太るのはなぜなのでしょうか?それにはいくつか理由があります。代謝が落ちている低体温で冷え性必要栄養不足・・・ダイエットを成功させるには無理な食事制限は逆効果なことも少なくありません。

寒天はローカロリーで海藻の1種なので天然の食材として健康にもプラスになります。食べ方もあっさりと酢を使ったり、黒蜜などでお菓子感覚でも食べることができます。あんみつがヘルシーな食べ物だと言われるのも寒天が入っているからですね。そんな寒天ですが、食べ過ぎるとかえってマイナスになることがあります。

ヨーグルトを食べると便秘の改善に効果があるといわれています。乳酸菌やビフィズス菌などの作用による人体にとても良い恩恵をもたらしてくれます。しかし、すべての便秘を改善できるほどヨーグルトは万能ではありません。効果がないからといって食べ過ぎるとかえって体調を崩すことがあるので注意が必要です。いかに健康に良いとされる食品であっても物量が多ければ良いというものではありません。

カロリーが少ないこんにゃくは、ダイエットによく利用されています。こんにゃくダイエットとは、朝・昼・晩の3食や、間食にこんにゃくを食べる方法のことです。こんにゃくゼリーなども有名ですよね。このダイエットのメリットは、毎日続けても飽きずに続けられることです。調理法も様々で、アレンジもきくので他の食材と比べて継続しやすいでしょう。